スポンサーサイト

  • 2016.07.04 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    BFP20周年で歌いました

    • 2016.07.04 Monday
    • 12:23

    ご無沙汰しております。

     

    7月1日(金)BFP(ブリッジフォーピース)20周年で

    特別賛美をさせていただきました。

    これまでBFPさんとともに

    イスラエルの平和のために歌い続けてきました。

    この日は本当にたくさんの方と一緒に

    同じ思いで賛美できたことを

    感謝しています。

    次の朝の便でまた沖縄に帰りました。

     

    ご無沙汰しています

    • 2014.09.08 Monday
    • 09:38

    (写真撮影/みなみななみ)
    8月、3週間ほどベック由美子さんとカナダで讃美ツアーをしてきました。
    9月5日(金)ブリッジフォーピースのハイナイトで歌いました。
    イスラエルのために祈ることは
    神さまのご計画、御心であり、私達の祝福です。
    もっともっとイスラエルのために心を注ぎたいです。


    日曜日は赤坂の教会で讃美しました。
    東京と沖縄を行ったり来たりしています。

    刑務所での奉仕も続けています。
    今年は、ママちゃんを天国に見送りました。

    この季節に一度だった更新が年に二度になってしまって
    ごめんなさい。
    ちっとも更新しないのでブログは、もういいかなあ...。
    そのうちブログはフェイドアウトしてしまうかもしれませんが
    令子は変わらずに元気に讃美しておりますので、
    ご心配なく!

    2月18日ブレッシングナイトで歌います。

    • 2014.02.15 Saturday
    • 15:18
    ご無沙汰してます。季刊ブログか..?!って感じですが。
    令子は元気です。
    急なお知らせですが旧友アーサーホーランド主催の
    ブレッシングナイト(東京、中野のライブハウス)で来週歌います!
    詳しくは下のチラシ、またはアーサーのサイトに。


    ブレッシングナイト
    日時2月 18日 (火), Open 18:30 / Start 19:00
    場所東京都中野区本町4-39-7 BF1 新中野LIVECAFE弁天 (地図)
    ゲスト 上原令子 料金 前売 2,000円 当日 2,500円(共に1ドリンク付)
    ←クリックすると大きくなります。


     

    僕のこころ

    • 2013.12.05 Thursday
    • 20:55
    すっかりご無沙汰してしまい、季節に一度の更新になっております。
    令子は元気です。
    今はBFPのスタッフの方と一緒に東北を回っている所で、
    余計なおしゃべりし過ぎないように気をつけて(笑)います。

    女性刑務所や少女院の訪問は
    ずっと続けています。
    この前訪問した小さな少女院では
    令子の歌「僕のこころ」で振り付けをして踊ってくれました。
    それを撮影し作成したビデオが
    60近い参加数の中で特別賞を受賞したと
    嬉しい知らせを受けました。
    ♪僕のこころは白いキャンバス..
    という歌詞のように、
    辛い人生を歩んで来た少女達のこころのキャンバスにも
    これから先はたくさんの
    美しい色が描かれていきますように。

    少女院や刑務所や訪問するたびに
    一人一人と話をしたり
    一緒に泣いたり笑ったりしながら
    かつて不良だった、やさぐれていた自分の過去でさえ
    今、分かち合い、
    彼女達の心を開くきっかけになれるなら
    自分の人生も無駄ではなかったと
    嬉しく思えるのでした。
     

    ミクタム感謝の集い

    • 2013.07.18 Thursday
    • 17:01

    「ミクタム設立35周年セレブレーション」感謝の集い

    ←クリックするとミクタムのリンクへ飛びます

    35年の歩みを記録映像とコメント、映像と賛美で振り返るイベントです。

    大勢のクリスチャンアーティスト達と共に

    讃美ゲストとして令子も歌います。

    主に感謝を捧げる時となりますように。

    【東京】
    2013年 7月20日(土) 開場 13:30 開催 14:00 終了 17:00
    <入場無料>席上献金あり
    会場●お茶の水クリスチャンセンター8階チャペル

    【大阪】
    2013年 7月22日(月) 開場18:30 開始19:00
    会場●阪神ニューコミュニティチャーチ西宮チャペル


    ●お問い合わせ・連絡先●
    ミクタムレコード&ミニストリー
    TEL03-3358-0891 FAX03-3358-5218 info@michtam.com

    南三陸へ行ってきました(続き)

    • 2013.05.20 Monday
    • 09:30

    ブログを訪問してくださる方、
    そしてお祈りで支えてくださっているみなさん
    いつもありがとうございます。

     ゴールデンウィークに南三陸で3つのステージで歌いました。
    その旅の報告の続きです。
    前半はこちら←クリック
    さんさん商店街の特設ステージで
    仮設住宅でもたれたカフェの後で
    そして地元の教会でも歌わせていただいた
    ゴールデンウィーク。
    今回の旅で感じたこと..

    震災で多くを失い辛い経験をしてこられた方々に仕えるため
    細心の配慮をもって奉仕をされてこられた
    中澤先生の尊いお働き。
    本当に命をかけてされている奉仕。
    無礼をしないこと。伝道のやり方を押し付けないこと。
    それを外から来た私たちが壊してはいけないと
    切に思いました。

    同じ地域で同じ津波にあっていても
    難しいのは津波で失った悲しみを
    なかなか言葉にできないこと。

    震災で大切な人や家、物などを津波で失って
    それぞれ辛い体験をされた方々。
    けれど自分は多くを失ったけれど
    あの人に比べればまだ
    これだけは残っている、だから恵まれている
    文句は言えない...と思っておられる方
    家が流されても家族を失った方には
    申し訳なくて、辛いなどという話はできない...という方

    ご自身の受けた悲しみや辛さを訴えることも
    ご自分でそれを認めることさえも
    難しいことなのだと知りました。

    震災当時者ではない私のような外からのものが来るのは
    そんな中、悪いことではないみたいで
    関係ない私だから
    被災された方が失ったものの比較する必要もなく
    辛かったと素直に気持ちを注ぎだすことが
    許される..
    そんなこともあるのだということも
    感じました。

    沖縄から来ました、
    沖縄の人たちはみなさんのことを忘れていません
    と伝えると
    喜んでくださいました。

    今でもこの地域、山の方に住んでいる方も避難訓練をしています。
    90歳を超えたおばあちゃんが笑いながら
    訓練している様子をみて
    令子は涙が出る思いでした。
    その方が
    なんとコンサートに来てくださって

    もう十分がんばっておられる方々..
    がんばりましょう、ではなく
    ただ、前に向かって行けるようにと
    歌いました。
    そうだそうだと手を合わせて聞いてくださっていました。
    沖縄から来たことを
    喜んでくださって
    私もうれしかったです。

    神様は賛美に住まわれる..と
    書いてあるように
    歌いながら
    歌を通して
    歌の中に住まわれる神様の愛が
    届きますように
    願いながら

    そうそう!それから
    不思議な出会いがもうひとつ。
    沖縄で沖縄民謡を習っていたという青年にも会いました
    ギターもってきてもらって
    沖縄民謡を一緒に演奏&歌うときも
    与えられ楽しかったです。
    こんな風に
    神様のサプライズもやまもりで
    令子自身たくさんの励ましを受けた旅でした


    南三陸へ行ってきました

    • 2013.05.17 Friday
    • 21:09
     南三陸にできた「さんさん商店街」でゴールデンウィークにもたれた
    「汐風まつり」 のステージで40分のライブをさせていただきました。

    南三陸町を支えるキリスト者ネットワーク」世話人の
    中澤
    竜生牧師(聖協団・西仙台教会)
    のご紹介でこのような機会をいただきました。

    また同じ南三陸の仮設住宅内でもたれたスマイルカフェのあと
    ゴスペルコンサートをさせていただき
    50名ほどの方が参加してくださいました。
    「NPOみらい南三陸」←クリック
    のブログで仮設のみなさんの様子や
    令子の写真も紹介されています。

     
    震災後2年経ち
    ボランティアの数も減りつつあって
    寂しさを感じることもある仮設の町の商店街。けれど
    ゴールデンウィークの間は近くから遠くから
    多くの方々が被災地応援のため さんさん商店街にも訪れ、
    人々がごったがえしていたのが
    うれしかったです。

    特設ステージの前で足を止めて令子の歌に
    耳を傾けてくださる方も多くおられました。
    南三陸のみなさんを応援したくて行った私自身も
    たくさんの励ましを受けました。

    ずっと聞いてくださっていた女性二人は
    泣いているようにみえました。
    また何度もうなずきながら聞いてくださっていた
    おばあさん。
    関西から来ていたある男性は
    「上原令子って名前??聞いたことがあるぞ..あ」と
    思い出したのは彼がたまたま
    YouTubeで聞いて気に入って録音していた曲の中に
    令子の「I Love You] があって
    旅の途中で繰り返し聞いていたというのです。
    (ノンクリスチャンなのに..びっくり。)

    岩手から来てくださった母娘のお母様は
    昔からずっと聞いていたという「愛されて」のカセットテープ(年期もの!)を
    ご持参くださったので、サインをしました。

    こちらのステージで令子が歌うよう招いてくださった
    牧師の中澤先生は、震災直後から
    ご自身も志津川の中学校の仮設で寝泊まりしながら
    緊急支援から復興支援の現在まで
    ずっと謙遜に被災者のみなさんとともに歩んでこられました。
    いきなりやって来て聖書の真理を
    上から説教を振りかざして去って行くようなことでなく
    時間をかけて
    仕える者の姿勢をとって、奉仕し、愛することを通して
    キリストの愛を伝えてこられた先生です。
    現地で地道なそのような活動をしておられる方々の働きがあってこそ
    令子にもステージで歌う機会が与えられているので
    先生がなさらないことを令子はしたくない..。
    なので自分はクリスチャンであると自己紹介はしましたが
    歌は「花」や「明日があるさ」など 
    聞いておられるみなさんになじみのある曲から
    歌わせていただきました。

    南三陸の旅の報告 まだまだ続きます。
    続きは後日書きますね。

    2013年冬〜春に

    • 2013.04.26 Friday
    • 20:04
    ブログの更新がすっかりご無沙汰してしまいました。
    令子は元気です。

    このGWには 昨年、南三陸の志津川地区に出来た
    仮設商店街、さんさん商店街のステージで
    歌わせていただく予定です。

    被災された地域でみなさんが力を合わせて
    開かれた新しい商店街。
    多くのものを失い辛い状況の中におられる方々が
    新しく何かを始めるのは
    大変な勇気がいることだと思います。
    けれど
    お店に来てくれた人に喜んでもらいたいと
    始められた方々の尊い気持ち。
    令子は歌で商店街にエールを送る機会が与えられて
    本当に感謝です。

    さて、これまでの1月から4月までは
    沖縄のいくつかの集会で歌いました。
    ママちゃんは一時、危険な状態になり
    入院をしていました。
    今は容態が落ち着いて、私も安堵していますが
    とはいえ、もうすぐ98歳。
    ママちゃんの夕食時には
    できるだけそばにいてあげたいと
    今は毎日同じ時間にホームを訪れています。

    私は自分が若かった頃には
    望んでいるものを(物だけでなく
    仕事の経験や知識、力や
    人との関わりなどでも)
    自分の手に入れるためにがんばって
    いたように思います。

    でも今、年を重ねて思うのは
    これから自分はひとつひとつ
    手放して行くということ。
    力や体力も失っていくし
    大事だと思っていた、なくてはならないと思っていたものに
    別れを告げる時がくること。

    失っていくのはつらいこと。
    それでもなんとか心を失わずに
    がんばっておられる方々もいて
    さんさん商店街のみなさんが
    前を向いて立ち上がられたように

    喪失を乗り越えていくのは
    自分を含め多くの人にとっても
    きっと大変なことだけれど
    どうか 誰も 失うことの大きさに押しつぶされて 
    心まですっかり失ってしまいませんように。

    私の歌(↓)のように
    心をくださいと神様に祈りつつ。

    「私の人生風に吹かれて
    さまよいつづける
    何かを求めて

    なくしてしまったものは多いけど
    生きる力さえも・・・

    心をください
    どこかになくしてしまった私に
    心を ください」

    心をください(you tube)

    ではでは、歌ってきます!
    いつもお祈りくださり感謝です。

    アーリークリスマスコンサート

    • 2012.11.27 Tuesday
    • 22:52
     1/25(日)に、大阪でコンサートがありました
    枚方キリスト福音教会ミラクルチャーチでの礼拝での
    アーリークリスマスコンサートでした




    枚方キリスト教会の教会員のお二人と一緒に

    右端のKさんは6年前の上原のコンサートでイエス様を信じ、
    それ以来、喜んで教会の奉仕をしているとうかがい、
    再会を心から感謝いたしました。

    アメリカでの奉仕 報告

    • 2012.10.30 Tuesday
    • 23:35
    前回に続きアメリカからJIFHの田村先生からのご報告を
    事務局が転載させていただいています。


    CA地区の複数の日系教会が集合しての賛美聖会でした。
    各教会の賛美に、上原令子さんの歌に、皆が主をほめたたえました。

    午前、午後の部に二回報告の時間をいただき、JIFHの紹介と
    世界の飢餓と貧困の現状をお伝えすることができました



    Peninsula Free Methodist Churchにて
    午後のコンサート。
    夜は、San Lorenzo Holiness Churchにてコンサート。
    どちらも多くの参加者と、上原さんの歌にトークに感動と慰めをいただいていました。


    上原さんのおてんばだった幼少期を知る、トング栄子さん
    コンサートにお越しくださいました。



    令子ちゃん、桂子ちゃん、無二の親友。父の名前も顔も知らず、
    ハーフであることでいじめられ、苦しく悲しい時期
    を過ごしたこと、
    そしてイエス様によって喜びの人生に変
    えられた同じ境遇を持つ二人。
    羨ましいくらい仲良しです



    今回のツアー最後のコンサートは、Santa Clara 家庭集会「まきば」にて。
    出席者の平均年齢は80歳! 最高齢者95歳!

    豊かに豊かにお歳を重ねてこられた皆さんに、上原さんの生の歌を聞いていただきました。


    ルワンダの報告も、真剣にそして本質をついた質問が幾つも飛び交い、
    それはそれは活気に溢れた
    ひと時となりました。

    (写真と文/田村治郎先生)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    メモリアル クリスマス
    メモリアル クリスマス (JUGEMレビュー »)
    小坂忠; 岩渕まこと; 久米小百合; 上原令子; Asiah; John Three 16
    The First Noelノエルをば初めに
     Grown-Up Christmas List の2曲を上原令子が歌っています。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM